秋田の新築一戸建て調査団

秋田で新築一戸建てを購入して定住をする魅力の1つには、一年を通じて多くの伝統文化を体験できることです。

祭りや行事が満載の秋田

おいしいお米やお酒で知られている秋田は、無形民族文化財である伝統的な祭りや行事が非常に多い県です。

夏は、花火、盆踊り、そして秋田独特の祭りである竿燈まつり、冬はなまはげやかまくらと、秋田県内の各地でさまざまな伝統文化があり四季を通じて、県民が郷土を大切にする気持ちを強めることができるのです。

こうした地域独特の魅力、そして特徴をもつ秋田ですが実は他の多くの都道府県同様、少子高齢化と人口の減少が進んでいるのが現実です。

そのため、手に届きやすい価格の新築一戸建ての提供や雇用を確保するなどと、若者が定住を希望する地域づくりに取り組み改善をはかっています。

他県や海外から訪れた人は秋田に対して元々人、町、暮らしに、肯定的なイメージを持っているようであり、秋田で新築一戸建てを購入して、定住するという魅力を多くの人が感じてもいるようです。

中心部の秋田市に住んでいる場合でも、雄大な自然を満喫できるのはもちろんのこと、温泉を初めとし、日帰りで行けるさまざまなレジャー施設がそろっているのも、生活をより充実したものにしてくれます。

また、ゴミが落ちていなく、整然としたきれいな街並みであるのも、訪れる人からの高く評価されている点です。

そして、地元でとれる新鮮な食材が豊富にあることも、秋田で暮らす魅力の1つでしょう。

地元産の安心できる食材を毎日手に入れられるのは、生活で「食」を重要視している人や、子どもがいて食育に力をいれている家庭ならば、暮らしにおいて欠かせないポイントとなるはずです。